民泊事業手続サービス 民泊事業supportサイト
無料診断・資料請求
新着情報 制度概要 違反事例 ご利用者様の声 Q&A

違反事例

違反事例
住宅宿泊事業者(民泊ホスト)への罰則

「旅館業法違反の罰則が強化されます」
(1)無許可営業
 罰金3万円→100万円
(2)虚偽の報告・検査の妨げ等
 罰金5千円→50万円

最大6ヶ月以下の懲役もしくは100万円以下の罰金
またはその併科

(1) 虚偽の内容で届出をした場合
(2) 無届の営業や日数上限を超えるなどして法令に違反した営業をし、都道府県知事(又は市長・区長)から行政命令(業務停止命令・廃業命令)を受けたにも関わらずこれに反して営業を継続していた場合
 
■旅館業法違反の事例
2017年5月 大 阪
大阪市が開設する「民泊サービス通報窓口」に寄せられた情報をもとに無許可営業の民泊を行っていた722施設に対して営業中止を指導した。
2017年5月 札 幌
無許可営業の民泊を行っていたとして、札幌市が開設する「民泊サービス通報窓口」に寄せられた情報をもとに13施設に対して営業中止を指導。
2016年7月 東 京
個人宅の空き部屋に旅行者を泊める「民泊」を旅館業法の許可を取得せずに営業したとして、旅館業法違反の疑いで東京都港区の2社(運営会社と親会社)と、両社の役員ら男女6人が書類送検された。
無許可の民泊で代行業者が摘発された初めてのケースである。親会社は、民泊に関連する事業から撤退する表明しました。
2016年6月 東 京
東京都港区の上場企業の子会社が運営支援を行っていた民泊ホストに対する旅館業法違反の被疑事件の一環で、同子会社にも警視庁による捜査が入る。この事件により同社は民泊事業からの撤退を表明した。
2016年4月 大 阪
大阪市で旅館業法の許可を得ずに旅行者を泊めた疑いで、女性と夫婦の計3人が旅館業法違反の疑いで書類送検。
2015年11月 京 都
京都市右京区の賃貸マンションの44室中34室で、旅館業法の許可を得ずに観光客約300人を有料で宿泊させ、旅館業を営んだ疑いで書類送検。
2014年5月 東 京
木造3階建ての自宅の1〜2階部分にある3室(24.9屐砲鬘映顳運2,500〜5,000円程度で旅行者に提供していた英国人男性(28)が旅館業法違反(無許可営業)で逮捕、略式命令(罰金3万円)を受けた。逮捕までに保健所が10回ほど運営者を訪問し旅館業の許可を取得するように要求したが運営者は拒絶していた。

<サービス概要>
行政手続きサービス】 【コールセンターサービス
新着情報(法令情報・セミナー情報) | 制度概要 | 違反事例 | ご利用者様の声 | Q&A

SATO行政書士法人 組織概要