民泊事業手続サービス 民泊事業supportサイト
無料診断・資料請求
新着情報 制度概要 違反事例 ご利用者様の声 Q&A

民泊プラットフォーム業者様が必要な手続き

民泊プラットフォーム業者様が必要な手続き

住宅宿泊仲介業

届け出をして許可された住宅に泊まりたい人と、
住宅宿泊事業を運営する人を仲介して、契約の媒介をする人。

観光庁【登録】が必要です。



■住宅宿泊仲介業=登録制度

[1]住宅宿泊仲介業を営もうとする場合、観光庁長官の登録が必要
民泊仲介業を運営する場合(前述対象の[3]に当たる事業者)は、観光庁長官の登録が必要です。
※財産的基礎要件あり、登録免許税9万円

[2]住宅宿泊仲介業の適正な遂行のための措置(宿泊者への契約内容の説明等)を義務付け
民泊プラットフォーム事業者は宿泊者に対して書面での説明義務あること、不当な斡旋や事実でないことを告げたり、不都合なことを意図的に隠すことも禁止されています。観光庁長官は違反があれば、登録の取り消しまたは業務停止を請求できます。

住宅宿泊事業=届出制度
住宅宿泊管理業=登録制度
住宅宿泊仲介業=登録制度

<サービス概要>
行政手続きサービス】 【コールセンターサービス
新着情報(法令情報・セミナー情報) | 制度概要 | 違反事例 | ご利用者様の声 | Q&A

SATO行政書士法人 組織概要